SKOLOCT

東京原宿に生まれた摩訶不思議な生命体のお話です。
それは“スコロクト”という名前の奇妙な奇妙な“いきもの”です。

本当の言葉を聞き分ける大きな耳。
本当の事を見るための大きなギョロリ目玉。
どんな物でも食べてしまう大きな口。
そして“にせもの”を引き裂くための三本の爪。
スコロクトは人間の世界で色々な事を見てきました。
楽しいこと、悲しいこと、喜ぶこと、怒ること。
綺麗なこと、汚いこと、悪いこと、正しいこと、どっちでもないこと。
人間とは難しい生き物です。
スコロクトは旅に出ました。
雨の日、晴れの日、曇りの日、雪の日も。
長い長い道を、てくてく、てくてくと歩いてイキマス。
それは“本当のこと”を探す旅なのです。
地球儀の上を歩いて、スコロクトは色々な国を旅します。
そして世界の色々な地に足跡を残していくことでしょう。
でも、スコロクトの姿は誰にでも見えるものではありません。
“本当のこと”を探す“旅人”の傍に(そば)にフラリと現れます。
心を静かに澄まして見てください。
スコロクトは、そこにいますよ。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

5