SHINARI

ムーンスター佐賀工場で古くから続く製靴技術にフォーカスしたシューズ。「何かを付け足すのではなく、素材の特性とその設計だけで良さを求める。」 SHINARIとは 「何かを付け足すのではなく、素材と製法の特性を活かす」 というコンセプトのもと、快適な履き心地を叶えるレザースニーカー。 ムーンスター佐賀革靴工場で古くから続く製靴技術にフォーカスし、 長年追求してきたコンフォートなシューズを新たなスタイルで表現しました。 DUS(ダイレクト・ウレタン・ソーリング)式製法 国内でも数社しか設備を持たない希少な製法によってつくられます。 液体のソール素材が直接型に流し込まれ、立体的な足型に隙間なく密着しながら成型・接着されることで、足と靴との一体感を生み出します。成型時に出る「バリ」を象ったヒールパッチが、製法のアイコンとして存在します。 SHINARIのデザインには、明治時代から日本の履物をつくり続けている当社のアーカイブから多くの要素を取り入れています。かつて美しいとされたデザインを、今ならではの感性で表現しました。 ソール素材の弾性を活かして撓(しな)るように設計されたアウトソールが、構造体に頼ることなく、快適なクッション性を生み出します。快適な撓(しな)りを実現する上で辿り着いた、後ろに反り出た特徴的なヒール形状がポイントです。 ムーンスター佐賀工場 1956年/昭和31年設立。 (ムーンスター創業は1873年/明治6年) ムーンスターの革靴製造を担い、主に官公需向けの革靴やウォーキングシューズなどをつくっています。DUS(ダイレクト・ウレタン・ソーリング)式製法を中心に、セメント製法やステッチダウン製法、マッケイ製法など、多様な技術を活かして快適な靴を生み続けてきました。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

13