AIR GARMENTS

AIR GARMENTS BY RYOHEI KAWANISHI 使用済み自動車の約99%はリサイクル可能と言われている。 廃油、廃液等の処理後、使用可能な部品はリサイクルパーツとして取り外し、残ったボディガラは素材ごとに仕分け、高炉メーカー等へリサイクルされるが、エアバッグやシートは助燃材としてのサイクルで、実際に素材としてのリサイクルはあまりされていない。 約3年前より川西遼平氏とのミーティングを重ね、ファッション業界にも通用するサステナブルなエアバッグの洋服の制作を依頼し、自社で解体した車輌のエアバッグを取り外し、鳥取の縫製工場、株式会社ビックグロウスにてエアバッグの裁断から洋服の製作まですべて鳥取県内で完結する事業の流れを作品化

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

11